2015.10.24更新

ニュースで、ヘアカラーのかぶれについて、昨日から放送されてますね、、、。

bluefacesだけでは無く、最近はカラースタイルがどこでも人気ですが、どのようにして、美容室のカラーがかぶれないように施術されているかを書いておきます。

 

□かぶれや肌のトラブルを未然に予防する為に。

これまでに、沁みやすくかぶれた事がある方や、肌が弱い方は事前に美容師側から確認、又はお客様から自己申告をする事で、頭皮にカラーが付くのを避けて施術が出来る。それに、ほとんどの美容室には頭皮のコーティングオイルがあるので、頭皮をカバーした施術が出来きます。
「ちょっと出来物が気になって、、」みたいな情報でも、しっかり対処が出来ます!!

 

 

□その場合どのような施術になるのか。

トーンアップ(ブリーチや、明るくしたいときに使う薬剤)を使用す場合は根元の数ミリを避けて塗布したりも出来ます。
髪質にもよりますが、元々、1番根元は頭皮熱もあり、明るくなりやすいポイントなので、基本最後に塗布をします。
その最後に塗る作業を頭皮につけないよう、施術が出来きます。
こういった細かい技術は練習を積んだプロだからこそ出来る施術です、染まり上がりもそこまで根元が気になりませんので、ご安心ください。

 

 

bluefacesのカタログにもある様なブリーチ等の施術について。
bluefacesは、ブリーチを使ったハイトーンカラーのお客様も多く、オーダーされる方の中にも、沁みやすい方も多くいらっしゃいます。
そのお客様方には上に記載したような施術と、根元は地毛のままで染めれる様な、根元グラデーションスタイルや、ハイライトスタイルをご提案しています。

blog

↑こちらは根元Blackのままのグラデーションスタイルです。

こんな感じでハイトーンスタイルも施術可能ではあります。

 

 

 Blog

↑こちらはハイライトを根元地毛のまま背術させていただいたボブスタイル。

 

 

ホームカラーについて。
遠方からいらっしゃる方はホームカラーを間に行って、カラースタイルを保たせる方も多くいらっしゃいます。
ご来店時に、ホームカラーで湿疹が出来た。と仰る方もいらっしゃいますが、お伺いしてると、根元からべったり塗り過ぎてたり、しっかり染まる様に時間を過剰に置き過ぎていたり、また元々皮膚が弱い等、様々です。
特に泡のカラー等、形状が馴染ませやすい物は一気に根元まで伸びがちなので、コームなんかを使って根元は薬剤を馴染ませる事をお勧めします。
特に白髪がある方で心配な方は分け目の気になる所用のマスカラタイプの物を使用するのもオススメです。

 

 


ふぅ、、、ヾ(;´▽`A``

ニュースではただ注意を促す内容ばかりで、どの様に美容室でオーダーしたら良いのか、具体的な対処についてあまり上手く説明が出来てなかったのですが、皆さんの担当の美容師さん達はプロですから、ある程度信頼して、美容室をご利用頂けたらと思います!^_^

 

お客様の髪型を集めた【the real hair】 ページ

http://www.o-bluefaces.jp/therealhair/

 

人気の【フェザーハイライト】 ページ

http://www.o-bluefaces.jp/feather/

 

【bluefacesヘアスタイルギャラリーページ】

http://www.o-bluefaces.jp/hair_style/

 

yoyaku

 

投稿者: Bluefaces表参道

PageTop