2015.03.24更新

こんにちは


以前にもご紹介したアミノマスターも発売して3ヶ月経ちますが、この製品についての色々なお問い合わせや使用感のご評価を頂きまして、良い点や悪い点など、今回はシャンプーでのお話いたしたいと思います。

アミノマスターフォト

まずはこのシャンプー誕生に関わらせて頂いたので、アミノマスターの誕生のお話をしていきたいと思います。

 

 

このシャンプーは発売の1年以上前から開発が始まり、いつもお世話になっている発売元と製造元のメーカーさんにお話を頂き、お手伝いさせてもらうことになりました。

 

 

まずはベースとなるシャンプーを準備して、そこから要らないものを省きながらテストして評価していくという長い道のりです。(泡立ち、香り、指通りなど)今まで何度もこういうテストをやらせてもらっているのですが、何人もでテストしていくと、その人の好みが出てきます。その為、最終的には、妥協しなくてはならない部分もでてきます。それで香料なども決定して作られていきます。

 

 

ただこのシャンプーは、テストした人ほぼ全員が良いという結果が出たと思います。今までにないシャンプーの指通りや流した後のツルツル感などが評価が高く、これなら行けるというジャッジでした。

 

 

中身はアミノ酸100%のノンシリコンシャンプーで、石油系界面活性剤、ラウレス硫酸nなどは使用しておりません。

 

 

使った方の評価や質問で多かったのが、このシャンプーはしっとり感やツルツル感がありますので、軟毛の人などが普通に使うと、ボリュームダウンしてしまう場合や普通に使ってると頭皮がベトベトするなどと聞きます。
もちろんシャンプー後、地肌をしっかりお湯で流せば問題なく軟毛の方にも使えるのですが、普段シャンプーをざっとお湯で流すような使い方は、お勧めできません。

 

 

次に多かったのはアミノ酸100%シャンプーのデメリット部分と言われる泡立ちです。(正確には泡切れが早い) ただしシャンプー前にしっかりお湯で流す(お湯でしっかり流すことで、ほとんどの汚れは流れます)それだけでアミノマスターの特徴のクリーミーな泡立ちになります。しかも頭皮には低刺激。
ちなみにラウレス硫酸や石油系界面活性剤のタイプは泡立ち泡切れが良く、ある意味すっきり感があるのですが、頭皮に対しての刺激はとても強いのです。

 

 

次に頭皮の汚れがちゃんと取れているのか?という質問もあり、これは普通に2シャン(2回洗う)すれば汚れは残りません。

洗い方のコツはショートヘアの方で、まず良くお湯で洗い流して、シャンプーワンプッシュで汚れを洗い流す程度に洗いお湯で流します。また、シャンプーワンプッシュ取り頭皮をマッサージしながら洗っていきます。髪の長さによってシャンプーを出す量は変わりますが、余計にシャンプーを出し過ぎても意味はありませんので、適量を使用をお願いします。

 

 

自分がよく聞かれる感想がこんな感じです。総評しますと、、

 

 

まずこのシャンプーはマニアックだと言う事です。

 

 

ただし100パーセントの方々にご満足頂けるかは分かりません。

 

 

もちろんどんなシャンプーも好みが有りますので、誰にでも合うわけではないと思います。アミノマスターも然りです。ただこのシャンプーには特筆すべき、洗い心地や手触り感、髪の癖の収まり、ツヤ感などがあります。

 


今回長く書かせてもらい、一番伝えたいことは、シャンプーの的確な使い方をする事により、問題点は限りなく無くなっていくという事です。

 

 

サロンでも誰にでもお勧めしている事は致しません。この髪質には合うだろうと思う髪質の方にお話しています。それはアミノマスターの良さを感じて頂きたいからです。でも気になる方は是非お尋ね下さい。

 

 

今使っているシャンプーとの違いがわかると思います。

 

 

もちろん好みにもよりますが。

 

 

投稿者: Bluefaces表参道

SEARCH

PageTop